代表挨拶

代表

1963年(昭和38年5月)先代より引き継ぎ50年を越え現在まで営業出来ましたのも、お客様方のお力添えの賜物と深く感謝致しております。
気が付けば、私が今迄作製した印鑑は約4万本を突破致しました。
その永年にわたり会得した技術と経験を基に、古い職人として『優良印鑑を出来るだけ早く確実に納品すること』をモットーに努力致しております。また、印鑑につきましては優良素材を使用し手描(手書き)版下を作製、機械にて荒刻し、更に手作業による総仕上げ致しますので美しくきれいな印鑑が出来上がります。

ぜひお客様のオリジナルの印章を!! お待ち申し上げます。

また一般的には、お客様が印鑑をお作りになる時は使用目的が決まり<印鑑が必要になられた時>が多く中には<早急に必要>になり、お困りのお客様、時節にもよりますがお役に立てると思います。
ぜひご一報下さいます様、お待ちを申し上げます。

私の想い

店主として

手彫り・機械彫り またどんな素材(印材)に関わらず個性的でまた美しい印影が得られる『はん(印)』こそが良い印鑑と私は思います。

職人として

納品した印鑑をお金を戴くお客様に、良く出来た、ありがとうと感謝のお言葉をいただいた時、こんなにうれしい事はありません。ああ、職人としてまた良い印鑑を作ろうと心から思う次第です。

代表プロフィール

 

浜松市生 75歳(2016年9月現在)

戦後昭和23年家族共、大田区蒲田に上京も大火により昭和24年豊島区池袋に転居。
当地で父が安野印店を開業。
学業終了後長男として家業を継ぐべき、技術習得のため
昭和34年幸運にも戦後の名人と言われた山口凡人氏に3年間従事。
その後家業を手伝い、1963年昭和38年5月、22歳で師の跡を継ぎ独立。
当地高田馬場1丁目で三賞堂印店を開業し現在に至る。

TOP