作成のフロー

文字入れ

1、文字入れ

まず、パソコンの画面でお客様ご希望の文字を手描(手書き)により丁寧に書き上げます。文字をそのまま彫ってしまえば単なる機械彫りなってしまいますが、印鑑はこの字入れが出来映えを左右すると言っても過言ではありませんので、時間を充分に取ります。文字を描いては消し描いては消しと手作業荒彫部分に自分が納得するまで時間を使い手書きしていきます。

機械荒彫作業

2、機械荒彫作業

時間を掛け丁寧に書き上げた画面文字に印材質に合わせて大きさ、深さ、彫刻スピードを設定し作業を行います。丁寧に描かれた文字入れをより正確に荒彫りする工程ではどんな名人でも正確に再現することはできません。

印面擦・洗い

3、印面擦・洗い

荒彫完成後、本柘材は仕上げに備え天然砥草板で擦り、水牛・象牙材は印面の朱を水洗いいたします。

墨打ち

4、墨打ち

仕上げの前に、本柘材・白水牛類・象牙材は墨で黒水牛のみ朱墨で打込みます。
印影がはっきりとさせる技術を施し、美しい文字をより映えさせます。

仕上げ作業 (この作業が重要)この作業が肝

5、仕上げ作業 (この作業が重要)この作業が肝

印鑑の仕上げに大切な作業です。ここが職人の腕の見せどころ。機械荒彫り後、荒彫り用印刀にて狭い文字間、深さ不足、彫残しなど手作業で整え仕上げに備え、更に仕上げ刀にて最終仕上げをいたします。

 
  • 墨打ち
  • 墨打ち

仕上げ作業をすることで文字の粗さが無くなり、繊細にはっきりと印影がでます。

印鑑の完成 (完成して、判を捺したあとの写真を入れる。)

6、印鑑の完成

最後に捺印して完成になります。
手彫りと機械彫りの長所を合わせた美しい印影になっております。
時間をかけて1本ずつ丁寧に作成させて戴きました印鑑をどうぞお手に取ってご覧下さい。

TOP